離婚と別居と養育費

誓いを立てお金06て婚姻関係を結んだ夫婦でも、うまくいかなくなって破綻してしまうこともよくあります。そんな時に、主にそれまで扶養者だった夫は被扶養者だった妻や子供にどんなお金を支払わなければならないのか。
例えば別居した状態でもまだ離婚をしていなければ、扶養義務がありますから婚姻中として生活費をそれまでと同じく支払う必要があります。別居中でも妻は生活費を請求出来ますし、夫は支払わなければなりません。それが完全に戸籍が離れると、生活費を支払う必要はなくなりますが、妻が子供を引き取った場合には夫は養育費を支払う義務があります。これは子供の権利なので、妻に金銭の支払いをしたくないなどの理由では断ることは出来ません。元妻が再婚し、子供も新しい夫のもとで養子手続きをすれば支払い義務はなくなりますが、それ以外は減額するのにも裁判や調停をする必要があります。養育費はあくまでも子供の権利であって、自分は父親なのだ、と責任を認識することで支払いは完了させましょう。養育費は夫が子供を引き取った場合は妻が支払うこともあります。別れを決める際には、この点についてしっかりと話合いをし、公正文章として残しておくことも大事です。